リサイクルの理念を

質屋さんは、リサイクルショップとは違います。

しかしながら、リサイクルの理念は通っているのではないかと思います。いらなくなったブランドバッグを買い取ってもらうことによって、自分のお金が増えた。

それだけではありません。
使っていなくて、タンスに眠っていただけのものを、他の方に使っていただけることになるのです。捨ててしまってゴミになるのではなく、これから先も、ぞんぶんに使っていってもらえるのであれば、こんなに嬉しいことはありませんね。

もともと、ブランドバッグというのは、そのブランドの思いいれがあり、ひとつひとつ、デザインや素材にこだわって作られた、素晴らしい品物です。数百円で売られているような商品とはわけが違います。

ですから、リサイクルの理念のもと、長年使っていってもらうことは、理にかなっているといえるのではないかと思います。じょうぶな素材でできているということ、乱暴な扱いをしてはいけませんが、長く使うことで、味も出て、使いやすくなってくるようなところがありますので、長年、愛してあげてほしいな、と思います。

リサイクルしよう、と思っても、なかなか実行に移すことは難しくても、このように、たまたま買取に出したものがリサイクルされていくということを実感することにより、より理解が深まりますよね。

Comments are closed.

Post Navigation